茂原市で和を取り入れた自然素材の健康なモダンデザイン住宅

「幻の漆喰」と「うづくりの床」を取り入れた健康なお家
モダンな中に和を入れ、落ち着いた空間を確保

  • ポイント

    「こんな家に住みたかった」帰ってきてほっと癒される家。
    モダンな中に和を感じ心落ち着く場所であり、斬新な空間でもあるそのどちらも満たされた時に「この家に暮らせて本当に良かった」と思っていただけるのだと思います。

    笑顔が咲き、心地よさが舞う寛ぎをつくりだすたたずまい。
    そんな、お施主様の想いがいっぱい詰まったお住まいになりました。

  • 玄関

    洗練された和風玄関です。
    ドアは閉めたままでも採光できるタイプのものを使用。
    玄関が明るく。
    また、横には大きな収納扉も設けたので散らかってしまいがちな靴も整理して置いておくことができます。

  • 玄関 収納扉

    この収納扉は建替えする前のお住まいで使われていたものを再利用しました。
    思い出のあるものを次の家に活かすことで、愛着もどんどん増していくことでしょう。
    左のひょうたん型の窓も和風ならではの、落ち着いた印象を与えてくれます。

  • LDK

    家族の健康を促進させる「うづくりの床」と「幻の漆喰」を使用したLDKです。
    生活の中心のLDKこそ、家族の健康と快適さを考えました。
    木に包まれた癒しの空間です。
    また、廊下とは引き戸で接しているため、スペースを取らずに移動できます。

  • LDK

    普通の照明ではなく、間接照明を使いました。
    この間接照明によってLDKがやわらかい光で包まれます。
    光と木によって暖かいイメージを与えてくれるLDKになりました。

  • ダイニング

    明るい光に包まれたダイニングです。
    家族の食事の会話も明るくなり、楽しい一時となるでしょう。
    また、カウンターは大工さんの手作りで、料理をしながら家族とコミュニケーションが取れます。

  • キッチン

    キッチンはリビングと統一感を出すために木のタイプを設置しました。
    また、キッチン床にはSRC基礎蓄熱床暖房の熱伝導がよいタイルを使用。
    これなら冬場の奥様の料理も快適にすることができます。
    収納もありがたいポイントですね!

  • 収納棚とワークスペース

    キッチンの横には大きな収納とワークスペースを設けました。
    これらも大工さんの手作り。
    収納は物をしまうだけではなく、このように小物を飾るのも良いですね!

    ワークスペースは奥様が料理中でも、お子さんの勉強を見てあげられます。

  • 和室

    こちらは和室です。
    市松の半畳畳がオシャレですね。

    木の温もりを含んだ和室は落ち着きます。
    ゆっくり横になりたい時はおすすめです。

  • 和室 床の間

    和室のちょっとした床の間にこのように小物を置くと、よりおしゃれに。
    小物を置くだけでもお部屋の印象はガラッと変わります。
    家族の皆さんのセンスが遺憾なく発揮されたスペースとなりました。

  • トイレ

    トイレ床にもタイルを使用。
    トイレもタンクレスタイプなので、トイレ自体・床の両方ともお掃除が楽に。

    陶器の洗面ボールに風情を感じる、落ち着いたトイレになりました。

  • 書斎

    ご主人の書斎スペースです。
    横に大きな窓を設けているため、採光性抜群。
    明るい環境で作業に取り組めます。

  • プライベートルーム 収納

    2Fの各プライベートルームには、豊富な収納を設けてあります。
    収納は多いに越したことはないので、各プライベートルームごとにあるのは非常に便利ですね。
    大きさの異なるスペースを数種類設けたので、用途に合わせてお選びいただけます。

施工概要

所在地
千葉県茂原市上林
竣工
沖村建築設計事務所
家族構成
ご夫婦
構造・工法
PIN工法
基礎
SRC基礎蓄熱床暖房(ヒートポンプ式熱源器)
規模
2階建て
延床面積
113.25m² (34.19坪)
間取り
4LDK
外壁
ジョリパット吹付、平瓦葺き
内壁
幻の漆喰
うづくりの床
この施工例についてのご質問はお気軽に!
資料請求
関連サイト