【貝の家】田舎くらしを愉しむ家 和モダン スキップフロア 3LDK 茂原市豊田 注文住宅

【田舎くらしを愉しむ家】
ワクワクするスキップフロアが部屋を繋ぎ、居心地良く季節の移ろいをいつでも感じられる住まい。

お客様のご要望

アトリエのある敷地の一画に創作活動ができるアトリエ付き住宅を建てたいとのご希望でした。敷地は隣接する道路に向かって下がる南向きの傾斜地で、道路の向こう側には一面水田が広がっており、敷地から見下ろすこの雄大な風景を大変気に入られていました。また建物内の随所に自らの絵画作品を飾るスペースをご希望され美術館的な要素も盛り込んで欲しいとのことでした。

  • ポイント

    自然環境に恵まれ、素晴らしい眺望を活かした「居心地がよく、季節の移ろいをいつでも感じられて創作活動に刺激を与えるような住まい」を目指しました。傾斜地であることを利用して中2階からアプローチしています。玄関ホールから半階下のリビングに移動する間、前方の大きな開口部からは、四季折々に変わりゆく水田の風景を眺めることができます。また、建物の周囲にはうっそうとした森林が広がっており、この水田の風景との調和に配慮し、直方体のボリュームに瓦葺きの大屋根と縁側を組み合わせた外観としました。

  • 外観

    奥や両脇は緑に囲まれたどっしりとした平屋たてとすっきりとした2階建て。 風に樹々はそよぎ、野鳥はさえずり、虫たちはざわざわ活発に動く。 そんな光景を思い浮かべた外観です。

  • 玄関ポーチ

    裏側に駐車場。高さは中2階のレベルから少し高いため、アプローチで数段下がって玄関となります

  • キッチン

    お気に入りのモザイクタイルを使用したキッチン。そして、背面収納は可動棚を有した社員大工作成のオリジナル収納。

  • リビング

    玄関から入りスキップフロアを降りてリビングへ。
    LDKは平屋建て部分ですから勾配天井とすることができます。 床板と同じ杉の天井板張りとし、大きな空間のメリハリとしています。 白い漆喰の上下を杉板で締めています。

  • スキップフロア

    1階リビングから中2階の玄関方向を見る

  • 外部濡れ縁

    ウッドデッキならぬ濡れ縁。 化粧軒裏として和をより一層表現します
    南に広がる光景は四季を愉しむには絶好のロケーション。そのための外部縁側を設けました。

  • サニタリー

    洗面脱衣室を中間に浴室と家事兼着替え室をプランニング 北側に位置していますので落ち着いた光で書斎的な利用も可能ですね

  • 浴室

    落ち着きあるパネル、一日の疲れを癒すひと時

施工概要

所在地
千葉県茂原市
竣工
2015年11月
構造・工法
SW工法
基礎
ベタ基礎
床面積
1F: 84.05m²(25.37坪)
2F: 45.95m²(13.87坪)
延床面積
130m² (39.25坪)
間取り
3LDK
設計者
佐倉由浩
外壁
ジョリパッド吹き付け
内壁
幻の漆喰(カイケンコーポレーション)
うづくりの床(カイケンコーポレーション)
屋根
ガルバ鋼板タテハゼ葺き
この施工例についてのご質問はお気軽に!
資料請求
関連サイト