【R+house】窓の無い家 注文住宅 茂原市 31坪

窓の無いデザイン、吹き抜けで開放感あるデザイン住宅

お客様のご要望

10年前に築6年の中古住宅を購入したが、子供達の成長とご夫婦の当社からの新築住宅の理想の住まいを求め、当社に来社されました。ご主人はの希望は、「窓の無い家」を提案してほしいとの希望で、理由は人に会うのが嫌だからではなく、あくまでも四角い家にこだわったデザインが希望でした。また、2件目の家なので予算も抑えつつ、自分たちのこだわりがはっきりとしていました。

  • ポイント

    新しく区画割された住宅地に建つ家。道路からの視線と密集することが容易に想像出来る隣家からの視線をカットしながら、開放的な空間を目指しました。道路面のファザードは壁による閉鎖的なイメージになるため、道路との高低差のある敷地の外構計画をなだらかな山のような芝の法面とすることで、街に対して柔らかな印象を与えるようにしています。また、メインの庭を外壁材で囲いながら庭に対して土間スペースやLDKスペースが積極的につながる計画としました。閉じることと開くことのバランスをいかに取るかを提案したプランになります。

  • 外観

    正方形の箱がくっきりと浮かび上がる北側のファザード。夜になるとツリーの根元に設置された照明が建物の壁面に樹形を映し出す

  • LDK

    キッチンの天井高をあえて低めに設定し吹き抜けの開放感を際立たせた

  • LDK

    階段下の空間を利用してご主人のパソコンコーナーを。

  • 鉄骨階段

    ダイニングを中心に縦横に広がり、落ち着きもある色調に統一。

  • 通り土間

    外に閉じ中庭を内包する家を希望した夫婦の心を射止めたのは「通り土間」のある家

  • 玄関ホール

    内部空間と外部空間を巧みにつなぐ動線。家族用の玄関とお客様用の玄関を分ける工夫。

  • 洗面 脱衣室

    家族の玄関と直結する洗面室は、遊びから帰った子供の手を洗うのも便利。

  • 主寝室+ウォークインクローゼット

    ウォークインクローゼットを確保した寝室。収納ボックスを活用して自分流の収納へ。

  • 子供室

    子供室は、現在子供たちのコミュニケーション能力育む遊び場に。2人の子供たちの部屋を設置。

  • 趣味のスペース

    玄関ホールの正面の壁に設置したコレクター収納ケース

施工概要

所在地
千葉県茂原市上永吉
竣工
2014年9月
家族構成
ご夫婦・お子様2人
構造・工法
在来軸組工法+R+パネル
基礎
ベタ基礎
敷地面積
230m² (69.58坪)
床面積
1F: 56.31m²(17.00坪)
2F: 40.57m²(12.25坪)
延床面積
96.88m² (29.25坪)
間取り
3LDK
設計者
三原宏文
外壁
ジョリパッド
内壁
FFC免疫加工済クロス
ミモザラスティックブラウン
屋根
ガルバニウム鋼板タテハゼ葺き
この施工例についてのご質問はお気軽に!
資料請求
関連サイト