【貝の家】土間で趣味を楽しむ家 和風 平屋 3LDK 茂原市早野 注文住宅

70代のご夫婦が暮らす家。平屋で段差なく安全に暮らせる。家族それぞれの趣味が楽しめるスペースを確保しました。

        

お客様のご要望

築50年の母屋。増築を数回行った結果、廊下や部屋に沢山の段差が出来てしまいました。夏は涼しいのですが、冬場は外の温度と変わらないくらい寒かった。リフォームしようかと悩んだ結果、小沢工務店が開催していた勉強会に参加し建て替えを決意しました。

施工ポイント

段差を少なくする、とにかく安全に暮らしたいと言うお客様の想いを叶えるため、部屋間の全ての段差を無くしました。また、スーパーウォール工法なので部屋間の温度差もなく快適な住環境が整いました。

写真

  • 勝手口・収納庫

    離れに近い勝手口スペースは、食品庫他収納スペースも兼ねており、農作業から帰ってきて泥のついたまま浴室に入れるように生活動線を検討。
  • 勝手口・収納

    外に置きたい泥のついた農作物はここに一時保管。裏にあるのでお客様からは見えません。
  • 玄関ホール

    広めの玄関ホール。コの字型の玄関収納を壁に設置。床は洗い出し。
  • 広縁

    玄関ホールに続く、洗い出し(土間)の広縁。近所の友人が来た時に縁側に腰掛け談話できます。
  • 玄関ホール

    玄関敷台は、ご主人が銘木屋さんで選んだタモの無垢材を使用。
  • 20帖のLDK
  • キッチン

    LDK、とても明るいスペースになりました。
  • 廊下に面した壁は収納スペースにしました。
  • トイレ

    トイレの手洗いは、自分たちが使いやすいようにカスタマイズ。
  • 和室

    仏壇の欄間と引戸は、建替え前の旧母屋の木製戸を再利用しました。障子や長押しの付いた本格的な和室は客室として確保しました。
  • ダイニング

    キッチンのリビング側腰壁にはリビングから使える収納を設置。

施工概要

所在地
千葉県茂原市早野
竣工
2014年10月
家族構成
ご家族3人
構造・工法
SW工法
基礎
ベタ基礎
敷地面積
600m² (181.50坪)
床面積
1F: 124.42m²(37.56坪)
延床面積
124.42m² (37.56坪)
間取り
3LDK
設計者
沖村設計事務所
外壁
カイケンコーポレーション そとかべ
内壁
幻の漆喰、FFC処理済ビニールクロス
無垢ナラフロア 15mm
屋根
平板陶器瓦
この施工例についてのご質問はお気軽に!
資料請求
関連サイト