地鎮祭と着工式の後・・・

これから着工されるお客様より、とても素敵なお手紙をいただきました。
私達の大切にする「つながり」をあらためて意識し、心にしっかり留め直しました。
「お客さまの喜びと感動を共に感じること」 それが私たちの願いです!

お手紙を紹介させていただきます!
 
 
お客様の声07
 
 
 
お客さまより

まず最初に本日の地鎮祭と着工式、無事に終えることが出来て感謝しております。
準備とかいろいろありがとうございました。

今日を振り返り気持ちを一言で伝えるなら【感動】です。
地鎮祭での神主さんの所作を見て、日本は八百万の神の国である事を思い出し、神聖な気持ちになり、行事の大切さを味わいました。

その後の着工式では関係者の方に拍子で迎えられ、驚きましたが、とても嬉しかったです。
きちんとしたお式で皆様の過去後と心意気が私達にストレートに届きました。
 
昨年の8月の新築内覧会から始まり、土地探しと平行して、いろんな行事や構造見学・内覧会・OB宅訪問と参加させていただきました。
私たちが小沢さん1本で計画していこう決めたきっかけの一つにはOB宅訪問がありました。
建てたその時ならわかりますが、住み始めて生活しているその場所を見せていただけるなんて想像もしていませんでした。
でもそれが可能なのは、住んでいる家に自信と満足があり、また建築した工務店さんとの信頼関係がきちんとしているからなのだと思いました。
また、社長に大まかなところでの1回目の資金概算をしてもらいました。
とても細かくて分かり易くて、家を建てる基本中の基本の資金をあらかじめつかめました。
今でもとてもすばらしい計画書作成だと思っています。
次に、小沢さんとの交流が深まる中、土地探しに手こずりました。
私達がなかなかOKを出さず、川嶋さんにどれだけの土地を探させたことか・・・。
よくあきらめないで、見離さないでいてくれた思います。
仕事とはいえ、なかなか報われず、大変な想いをさせたと思います。
でも今ではお陰様で本当に良い土地に巡り会えたと、探してくれたことに感謝しています。
本当にありがとう。
 
それから神戸さん。
私達は家を建てるのが初めてなので、解らない事だらけです。
いろんな知恵をさずけてください。大工さんや業者さんとの繋ぎになってください。
どうぞヨロシク。
 
現場の大工さん、職人さん
施主があまり顔を出すと、うっとうしいかななんて思ってたけど、着工式で社長が「ドンドン現場に行ってください」ってスリッパをくれました。
だからというわけではありませんが、出来るだけ少しの時間でも顔を出させてもらいます。
だって楽しみですもの。

〜略〜

皆さんこれから本格的な工事が始まります。
どうか安全によろしくお願いいたします。

 
 
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします!

家づくりについてのご質問はお気軽に!
資料請求
関連サイト