3世代が住み続ける築100年住宅

2021.04.11

大網白里市の築100年住宅。

時代時代で増築を繰り返し、延べ床面積170の家が広い敷地に建っている。

居住者は90代の祖父母と50代のご夫婦の4人。

昔の間取りの特徴でもある、1番日が当たる南の1番良い場所に和室2間があり、寝室やLDKは北側の暗い寒い部屋に住んでいるのが現状。

お施主様としてはこの家をどう活かしていくか!減築も視野に入れて検討を続けてきて、家族の意見が纏まらず当社に相談に来たお客様。

何とか安心して住みやすい家を提案し、お金をかけてリフォームした甲斐があった!と思ってもらいたい。定年後のご夫婦が趣味も兼ねた野菜作りで無農薬の野菜を食材に、作った料理を近所の方と一緒に楽しく食べたい!そんなスローペースな生活を夢見て、当社に来社された!

そこで、登場したのは、「劇的ビフォーアフター」でチャンピオンになった瀬野先生にプランを依頼することに!

瀬野先生とは2年前に仕事をさせてもらい、2度目のジョイント!

今日は、初回のお客様との面談と現地調査を目的に大網白里市に乗り込んだ🚃🚃🚃

#小沢工務店

#ozaco

#古民家再生

#瀬野和広

#リノベーション

#リフォーム

#新築

#大網白里市

#築100年

いいね

ozaco 社長ブログの最新記事

はたらくオザワマンズ

関連サイト