新人研修日誌Vol.6

2019.06.12

【久保田さん日誌】

お疲れ様です。

遅れて申し訳ございません。

昨日はI様邸で棚などの取り付けをしました。

久々にI様邸にいき、クロスが貼られていたり、水道や、タイルが付いていたり、コンセントやスイッチが付いていました。

一つの家の進化を見ることができ、家のでき方がわかった気がしました。

今日は水道屋さんがいらしていたのですが、大工作業がスムーズに進むようにと作業内容をお互いに確認していました。

作業効率を考えてのお互いの気遣いがみえました。(巾木をつけるタイミングなど)

展開図などをつけると、大工さんとの打ち合わせの手間が省け、ちゃんとした造作ができる(造作の場合は細かく打ち合わせをして、高さなどを決める)

靴箱の奥行きは300くらい(I様邸は280くらいになっている)

クローゼットにブラケットを取り付け、棚を取り付けました。(ブラケットは左右が決まっているので注意です)

棚を取り付ける時、ビスが効くようにあらかじめ狙って歩きの部分を作り、打ち込みます。先を読んで考えて壁を作っているとわかりました。

ビスを打つときも、インパクトで壁を傷つけないように気をつけました。(片手で力任せにやるより、左手を添えて慎重にした方が良い、たわみやすいので途中でチェックしながら止める)

棚などに塗装屋さんが塗装をしてくださいましたが、これからまた調整をするそうです。

クロスが貼られていたので、ものを動かす際、気をつけて動かさなければなりません。

ビス打ちも、誤るとキズがつくので慎重に。

皿ビス

頭が平らになっている。

ナベビス

頭が鍋蓋のように膨らんでいる。

ビスにも太さがあり、取り付けるものや穴によって太さがかわる。

コンクリートキリをつかい、コングリートをもみ、打つ場所が木でない場合はプラグをつけてビスを止める。

色で素材の色が違う。

ビスの選び方は、突き出ないようにすることはもちろんのこと、板厚を考えてあまり短すぎるものも選ばない。

本日は事務所でI様邸の図面を書きました。

まだまだ描けない、できないことが多いのでアーキトレンド の使い方を見直すチャンスとして捉え、精進したいです。

内山棟梁から励ましのコメント↓↓↓

皆さまお疲れさまです!

久保田さん日々多用な作業を

こなして貰いありがとう😊

何でもチャレンジ精神が最高です(ok)

若手三人は、素直で元気!

現場が盛り上がりますね(relief)

切断機等使う時は、無理せず

作業して下さいね(注意)

#ozaco

#茂原市

#小沢工務店

#千葉市緑区あすみが丘

#リノベーション

#リフォーム

#建て替え

#不動産

#社員大工

#新人研修

いいね

ozaco 社長ブログの最新記事

はたらくオザワマンズ

関連サイト