SRC蓄熱床工法

2012.03.07

SRC基礎のお付き合いも8年になりました。

運転時間設定は、AM5時30分~8時までと、
PM6時30分~11時までの8時間です。

寒い冬はエアコン無しで、お湯を温める方式の床暖房に加えて
補助暖房器具は8帖用のファンヒーター1個。

リビング階段なので暖は冷たい空気の2階へ移動します。
普段、2階は1階より2度くらい低いですね。

帰宅してもほんのり温かいのでとても嬉しいです!

暑い夏はエアコンもドライ27度設定のみ。
ドアはやはり全て開放。1階の板の間にはエアコン無し。
就寝時のみお好みで家族は可動しているみたいですが・・・

同じく、帰宅時はさっぱりした清涼感ありあり。

1・2階の居室建具(ドア)は、全て開放したまま。(洗面室もトイレもです!)

玄関床タイル下にも床暖施工なので、雨に濡れた靴や、
上着はシューズクロークのハンガー干しですぐ乾きます。

思えば8年間エラー表示一つ出さずに、頑張って動いてくれています。
(冬のみですが!夏は地熱の温度がそのまま床下に蓄熱されるんで、涼しいんです。)

当社で新築ご検討のお客様は、是非SRCの基礎を採用してくださいね



いいね

by シバの最新記事

はたらくオザワマンズ

関連サイト