本は友達ですよね?

2012.06.25

独立の気力無き者は必ず人に依頼す。
人に依頼する者は必ず人を恐る。
人を恐るものは必ず人に諂うものなり。
常に人を恐れ、人に諂うものは
次第にこれに慣れ、その面の皮鉄のごとくなりて
恥ずべきを恥じず、論ずべきを論ぜず、
人をさえ見ればただ腰を屈するのみ

こんにちわ、澤です。
文頭にありますは私の大好きな福沢諭吉の書いた「学問のすすめ」の
一節でございます。

こう見えて小さい頃から本が大好きだった私は
こういった風に、気に入った本や古典文作、漢文、果ては俳句や短歌など
無駄に暗記をしては、時々独り言のようにブツブツ呟くのが趣味だったりします。
まったくもって根暗でキモチ悪い奴なのはよーく分かってはおります。

ですが古典文作というものは、なかなかどうして奥が深いというかなんというか。
近頃のチャラチャラした携帯小説とかいう(携帯小説好きの皆さん、ごめんなさい)
私には受け入れ難いモノよりも、内容的に面白く、心惹かれるものが多いのです。

特に私が好きなのは相田みつお。(古典文作じゃなくてすいません)
中学の時、国語の授業に熱心であると先生が「相田みつお展覧会」の招待券を
プレゼントしてくれたことがありました。
会場は東京だったのですが、どうしても行きたかった私はお父さんにねだり、
無理矢理連れて行かせた記憶があります。

なぜいきなりこんな話をしたかと言えば
来月の22日、LIXILリフォームチェーン誕生祭というものが千葉のショールームでありまして
そこに行くとなんと!相田みつおの扇子という嬉しすぎる来場者プレゼントがあるのです!
皆さん行きましょう!これを逃す手はありません!!

相田みつお

ちなみに写真は去年の扇子らしいです。
私があまりに騒いだせいか心優しい柳川さんが貸して下さいました。
しばらく返さず机に飾ろうと思います(*´∀`*)

7月22日の誕生祭に関しては、もうちょっとしたら詳しいお知らせがあると思うので
お楽しみに!!待ちきれない!という人は小沢工務店へTELを!!

いいね

by シバの最新記事

はたらくオザワマンズ

関連サイト