引渡式&着工式

2012.02.26

こんにちわ、澤です。

昨日は着工式と引渡式。
今日は引渡式がありました!

毎回こういった式では、ozacoを選んでくれたことへの感謝や、
これからも仲良く付き合っていけたら・・という想いが
伝わればいいなと思います。

「事前期待と事後満足」
以前、そんなセミナーを受けたことがありました。

例えば外食で初めて入るお店に行った時、人は無意識のうちに期待を持つそうです。
「まずくなければそれでいい」とか「絶対美味しいものを出してくれるだろう」とか。
つまり「事前期待」ですね。

そしていざ食事を終えて店を出た時、抱いた感想が
「思ってたより悪かった」なのか「想像通り」なのか「思ってた以上においしかった」なのか。
これが「事後満足」

人が本当の意味で喜びを感じるのは、難儀なことに一番最後、
「思ってた以上においしかった」だけ。
「想像通り」ではお褒めの言葉は出てこない。
良かったという気持ちが言葉として出るのは期待を大きく超えた時だけ、だそうです。

思っていたより悪かったと言う評価は簡単に口から出るけど
思っていたより良かったと言う評価は滅多に出ない、という事ですね。

この話を初めて聞いた時、ぞくっとしたのを覚えています。
当時の仕事が命を預かる仕事であったこともあってか、
ひどい重圧を感じたんですねー。

でも今は、家を建てるなんて一生一度の本当に大きなイベントだから
「それなりの家建ててくれればいいや・・」って気持ちは
なんだか寂しいような気がしちゃうんですねw

いっぱい話して、いっぱい悩んで、
事後満足の大きな家を建てて欲しいものです(*^^)v

昨日、今日引渡しをした2組のお施主さんは、
いったいどのくらい満足した気持ちなんでしょう・・?

今度お客様周りに行った時に聞いてみよーと思います(^^)

いいね

by シバの最新記事

はたらくオザワマンズ

関連サイト