夢の国のキャストって、どんな心境なんでしょうか。

2012.03.26

つい最近、お休みを使ってディズニーシーに行ってきました!
いやー・・混んでましたね。ものすごく。
ディズニー人気は衰えを知りませんねー。

私がセンターオブジアオースに並んでいる途中に
トラブルがありまして、安全確認の為と1時間?ほど止まったんです。
ただでさえ2時間半待ちだったのに・・並んでいる人たちは
疲れてしゃがみこんでしまっていました。
(待つの得意な澤はIPadでなぞなぞしながら過ごしましたw)

あれだけ狭くて暗い空間で、立ちっぱなしで、周りは人で埋め尽くされてて
イライラしないわけがないですよね。
でも、不満や文句は聞こえませんでした。
それはやっぱりこまめなキャストさんの案内と謝罪の言葉、
そういったものがあったからですよね。

キャストの気配りとか、真面目さとか、明るさとか、
ディズニーの凄い所はそういうところだと思います。

その分お金取ってるとか、その分キャストもいっぱいいるからとか、
そんな見方をしてしまえばそれまでですが、
たくさんのキャスト全員をあれだけのプロに育て上げるのは
相当な苦労だと思うんです。

園内は食べ物だってたくさん売られていて、食べ歩きが普通だし、
小さい子供だってかなりたくさんいます。
1日に何百人ていう人が動いて、ゴミを捨てて、トイレに行って、
そんなごちゃごちゃした状況にあって、あれだけ園内を清潔に保ってて、
あれだけの人間に対して、決して裏を見せることなく【夢の国】を貫く。

それってやっぱりすごいことですよね。

キャストさんの気配り、努力なくして成し得るものじゃありません。
それだけ仕事に誇りを持ってやってるんだろうなーと思っちゃいますね。

あたしも頑張らなきゃなーと、同じ接客業?として見習うべき点は多いです。
4月8日のなんでも相談会は、ディズニーキャストさんばりの笑顔で!!ですね。

夢の国まで行ってひたすらキャスト観察してるわたしってなんなんでしょうね。


いいね

by シバの最新記事

はたらくオザワマンズ

関連サイト