不動産業新規免許業者研修会

2012.09.26

本日、らくらすの加盟する(公社)全国宅地建物取引業保証協会の
研修会に参加してきました。

新規免許業者研修会に参加しない場合、協会認定が
取消しになる場合もあります。(結構重要・・)

各種研修会受講も、宅建業法第64条6に義務づけられています。
途中退場は単位無効になりますので、しっかり最後まで参加との事。

参加していつも思う事は、業法違反のトラブルが
年々、アメリカ的になっていて、業者さんのバックには
弁済保証金ありと、平和的解決いわゆる和解ではなく、
弁護士を味方に必ず、勝つ、と言う意識で訴えてきます。

判例で驚いたのは、賃貸契約のトラブルで
差し押さえ登記の有無の未調査。
貸主が親しい友人であった場合、まさか、差押さえ物件を
貸したいから、お客さんつけてよと笑顔で言われたら
「OK!わかった」なんて言って、謄本まで調べないかもしれないな・・
なんて思ったりもしました。
仲介手数料が数万円でも、損害賠償金は店舗改装がされてしまった後の場合、
改装料金の70%、数百万円になってしまいます。
当然支払えない場合、1000万円までなら、保証協会が弁済しますが
その金額は保証協会に返済しなくてはいけません。
返済できない場合、営業停止、もしくは、免許無効になります。

心新たに、調査は念入りに!!知らなかったでは、すまされない。

宅建の試験がもう少しですが、生活に密着した知識が
多いので、今、勉強している事項は必ず役に立ちます。
公認スクール茂原校の皆さん、頑張っていきましょう!



いいね

by シバの最新記事

はたらくオザワマンズ

関連サイト