ビジネスマナー

2012.10.24

先日、美道家、マナーコンサルタント 西出ひろこさんの冊子を手にしました。

改めて反省の境地でしした。20代 社会人の頃はマナー研修が徹底され、

新人研修担当まで務めていたのに、いけない・いけない・・・

①電話に出る際、何コールで受話器をとるのか?
 ・1~2コール以内が正解。全ての電話は相手がお金や時間を使って会社を選んで
 かけてきたということで、感謝を持って笑顔で対応する。

②電話をきる際、どんな場合も必ず、相手が先に切るのを待った方が良いか?
 ・不正解。かけた方が先にきり、受けた人は待つ。
  失礼いたしますと挨拶した後、1・2・3とゆっくり数えてきると良いでしょう。

忙しそうね と言う言葉は、決してほめ言葉ではない事に気づく事。etc・・・

今になって出来ていない事が多いです! 

1960年代 アメリカは「CS理念」という戦略を徹底して行い、
顧客満足度と企業の業績は連動し、アメリカは経済大国になりました。

日本も後を追いましたが、利益にはつながりませんでした。
そして、今のような経済悪化を招いているとも憶測されています。

日本においてのCSは、企業のブランドイメージ、経営者や働いている人間のプライドのようなものに近い。
CSを低くして儲けていれば、働いている人間のプライドは落ちる。
それほど儲からなくても、良いサービスをしていると自負できれば、プライドは上がる。

この度、奈良時代から存続する「金剛組」の社員さんと出会いました。
世界で一番長く存続する会社ではないでしょうか?

良いサービスをしているプライドを持った企業は末永く、
繁栄するのではないでしょうか・

今一度、CS理念を基本に自分自身 見直さねば・・・  
              

いいね

by シバの最新記事

はたらくオザワマンズ

関連サイト