リフォーム塾最終日

2015.06.06

3日目のテーマは、見積り、工程表入門でした。より実践的な講義でした。

元請は約束した工期で仕上げることが最も重要で、工事管理がしっかりしていると、自然に品質、利益の向上につながるということです。
たしかに納得です。
逆に工事管理がおかしいことになると、全てが崩れてしまうということで、リフォームという短工期こそ、工程表をつくるべきだと学びました。何時までにどの作業を終える必要があるかや、同時に複数の工種を進めるかなどを検討しやすくなるとのことです。あとは、お客様に見積りと同時に工程表を見せることでイメージがしやすくなるとのことです。なるほど~。
頭ではやることはわかりますが、実際これをやるとすると難しいです。これが事務所スタッフの仕事ですね。これから経験重ねて、職人さんのやりやすい流れを作れるようにがんばります☆

部材の拾い方も講義の内容にありました。

外壁の面積は、まず、縦横全部の面積からサッシ、下屋等の面積を引いて計算すればすぐ出ると教わりました。
とても勉強になりますね~。
屋根の面積も切妻も片流れも勾配が一緒なら同じ面積なんですね。

他、階段の面積の拾い方は、階段幅と、1番上の階段と1番下の階段の平行側の距離の面積で踏板が出ちゃうと教わりました。蹴込部分は高さで出ちゃいますね~。なるほど~!

お弁当です。最終日は和食です。

三日間とても勉強になりました!
とくに岡講師のご説明はとてもわかりやすく、有意義な講習でした。
このような機会を与えていただきありがとうございました。



いいね

はたらくオザワマンズの最新記事

はたらくオザワマンズ

関連サイト