高断熱で自然素材で快適な増改築工事リフォーム 一宮町

愛着ある住まいでこれからも暮らせる様に

        

お客様のご要望

住まいは築35年と古く、29年前に2階を増築し、親から受け継いだ建物でした。
農家作りの家屋で、土間のキッチンの上り下りが毎日の事で大変だったものを段差のない使いやすい間取りに変えたいと思っていました。
北側のキッチンなので暗くて寒く、明るく暖かい部屋にしたいと思っていました。
これがリフォームをしようと思い立ったきっかけでした。

リフォーム内容

北側のキッチン・浴室を一度解体し、改めて建て直しました。
断熱材にこだわり、壁・屋根ともにウレタン断熱材を吹付け、暖かさと共に隙間のない造りにしました。
既存の和室との間続きにし、床の段差をなくして広い空間で使えます。
北側室内の暗さは、天窓で光を取り入れたことで明るい部屋に変身。
浴室はユニットバスとなりました。
ダイニングと和室を床暖房としたので、今年の冬は万全です。
さらに、内装は壁・天井共に「幻の漆喰」仕上げで、
調湿・臭い・シックハウス対策・ウィルス対策など出来ます。

写真

  • 外観

    外壁もスッキリ!既存との調和を考えて同色で。
  • キッチン

    北側のDKもトップライト(天窓)で明るく。
    落ち着いた黒のシステムキッチン。設備も勿論、充実しています。
  • 階段下収納

    階段下を利用したTVボードスペース。
  • 和室

    新しい和室との調和するように建具は造作しました。
  • 玄関収納

    大容量の玄関収納を設置して使い勝手も良くなりました。
  • 収納庫

    ほしかった収納庫。壁で圧迫感が無いように、あえて斜めにスッキリと作りました。
  • DKに光を注ぐ電動のトップライト(天窓)
  • 浴室

    寒くて暗かった浴室もシステムバスで快適に。
  • 床暖房

    DKと和室の畳下は、ヒートプラスの床暖房で冬は足下からポカポカです。
  • 断熱

    増築部分は断熱性を高めるためにウレタンを吹付けました。
    もちろん、天井にもウレタンを吹付けました。

施工概要

所在地
千葉県長生郡一宮町
建物
戸建て
築年数
35年
リフォーム部位
増改築工事
工期
6か月
工事中の居住状態
住みながら
この施工例についてのご質問はお気軽に!
資料請求
関連サイト