新築二世・リフォーム 施工事例

補助金を使った介護改修(手摺り2)

茂原市小林にお住いの女性。

足が悪く、壁や物に掴まっていないと移動が困難。
浴槽も底が深く出入りに掴む場所がない。

改修箇所として、玄関前のアプローチ玄関の上り浴室浴室入口廊下トイレに手摺りを設置しました。

02_top.jpg

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。
改修前のアプローチ。段差があり転倒の恐れがあります。
改修前のアプローチ。段差があり転倒の恐れがあります。
手摺り設置。手摺りに掴まり段差を楽に上ることができるようになりました。
手摺り設置。手摺りに掴まり段差を楽に上ることができるようになりました。
座って靴の履き替えを行っていましたが、手摺の設置により立って履き替えが可能に。
座って靴の履き替えを行っていましたが、手摺の設置により立って履き替えが可能に。
今まで長く感じていた廊下が手摺に掴まりながらの移動で早く移動できるようになりました。
今まで長く感じていた廊下が手摺に掴まりながらの移動で早く移動できるようになりました。
改修前のトイレ。
改修前のトイレ。
手摺り設置。掴まることができることによって立ち上がりが楽になりました。
手摺り設置。掴まることができることによって立ち上がりが楽になりました。
改修前の浴室入口。入る際に掴まる場所が建具の取っ手部分だけなのでかなり不安定。
改修前の浴室入口。入る際に掴まる場所が建具の取っ手部分だけなのでかなり不安定。
出入り口には段差があり、手摺がある事によって転倒の心配を解消。
出入り口には段差があり、手摺がある事によって転倒の心配を解消。
改修前の浴室。
改修前の浴室。
手摺りに掴まって立ち上がりがスムーズに。
手摺りに掴まって立ち上がりがスムーズに。
改修前の浴室。浴槽は底が深く出入りが困難。
改修前の浴室。浴槽は底が深く出入りが困難。
手摺りを二面に設置した事によって一連の動作で浴槽への出入りが楽に。
手摺りを二面に設置した事によって一連の動作で浴槽への出入りが楽に。

【新築二世・リフォーム】施工事例一覧ページへ