お客さまの声

トステム製内窓インプラスを取り付けたお客様より

トステム製内窓インプラスを取り付けたお客様より貴重なデータをいただきました。



お客さまより:
先月の第26回小沢杯ゴルフコンペでは大変お世話になりました。
終了後の懇親会で、昨年の暮れに工事していただいた「内窓」のお陰で、今年の暖房用エネルギー消費が大幅に減ったという話を致しました。

「内窓の省エネ効果」については、きちんとデータをまとめた上で、正式にご報告する予定でしたが、遅れておりすみません。

ようやくデータを整理しましたので、結果を本メールに添付します。
当日、お話しましたように、今年の暖房用エネルギー消費は昨年比で、灯油、電力ともに40〜50%の減少となっています。

<補足説明>
我家の暖房エネルギーとしては、灯油と電力(エアコン)を使用していますが、電力の場合、いろいろな用途に使用中なので、暖房分を分離するには若干工夫が必要になります。

今回は、エアコンを使用していない時期(10月上旬〜11月上旬)の電力消費量を基準にして、これより増えた分を暖房用の電力量とみなしています。

また、3/11東日本大震災発生により、3/11以降の生活環境が計画停電や節電で大きく変化してしまったので、内窓工事を行った12月から、大震災発生の前までをエネルギー消費計算の対象期間としています。
東電の電力消費明細書では月遅れになるので、1〜3月分の明細書データを使用して計算しています。


05_01.jpg


備考1:

冷暖房を行っていない11 月分消費電力(10 月上旬~11 月上旬の消費電力)にする各月の消費電力の増加分を「暖房用消費電力」とし、内窓を設置した時期ら大震災発生前の約3ケ月間の消費電力を対象にして前年度と比較した。


計算対象期間=1月分~3月分(12 月上旬~3 月上旬の消費電力)


備考2:

灯油消費量の計算も、内窓を設置した時期から大震災発生前の約3ケ月間の灯油費量を対象にして前年度と比較した。


計算対象期間=12 月上旬~3 月上旬の灯油消費。





【お客さまの声】一覧ページへ