空気がうまい家® カイケン

空気がうまい家® カイケン

家具や家電・衣類など、私たちの身の回りにあるものにはその製造工程でさまざまな化学物質が使われているため、せっかく健康に良い建材を用いた家を作っても、そこから発生する化学物質のガスを家が吸ってしまい、健康住宅ではなくなってしまいます。

小沢工務店では本当の健康住宅とは何かを考え「家そのものに化学物質を吸着し、分解する機能を持たせる」必要があるとの答えを導き出しました。

幻の漆喰®

幻の漆喰®『幻の漆喰』とは、言わば「天然の空気清浄器」。完全天然素材で、安全な壁材です。
さらに特筆すべきは、「光熱触媒」の効果。光が当たる場所だけでなく、暗がりでも温度と反応を起こし、空気中のゴミやホコリ、臭い、化学物質や有害物質を吸着・分解します。
光と熱に反応するため、『幻の漆喰』は、半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保ってくれるのです。

「光熱触媒」作用で半永久的に室内の空気を清浄化

「光熱触媒」とは、「光や熱を吸収することで反応を促進するもの」。
『幻の漆喰』は光が当たると触媒として働き、空気中のゴミや有害物質を吸着・分解。
この現象により、光が当たることで半永久的にクリーンな生活空間を保つことができます。
+3℃以上の室温にも反応し、同様の効果が得られます。
空気中のホコリなども吸着・分解するので、お部屋のお掃除もとても楽になります。

和風、南欧風、伝統もモダンも表現できる高いデザイン性

壁材として古くから使われてきた漆喰。
日本だけでなく、世界各地で幅広く利用されてきました。
自然素材としての安心・安全性、室内を快適に保つ機能性に加え、見過ごされがちなのが、その「デザイン性」。塗り方のニュアンスにより、純和風な仕上がりはもちろん、モダン和風、南ヨーロッパ風など、住む人の好みやセンスに合わせ、お洒落な空間を演出できます。

音響熟成®木材

音響熟成®木材®木材の質を決める乾燥方法を大きく分けると、「自然乾燥」と「機械乾燥」の二種類。
自然乾燥は木材にとって良い方法なのですが時間がかかり、乾燥途中で割れたり変形したりしてロスも多いため、非常にコスト高になってしまいます。

逆に機械乾燥は短時間ですむため、多くの木材が機械乾燥を採用しています。しかし、機械によって一気に高温で乾燥させるため、木材の最も大切な油分やエキスが水分と共に蒸発、同時に木の細胞が破壊され、木本来の力が失われてしまうデメリットがあります。

質を保ちつつ、コストをかけない新しい乾燥法はないものかと試行錯誤を重ねた末、カイケンが行き着いた答えが「音響熟成」でした。常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、じっくりと熟成乾燥させる方法です。

音響熟成であれば、木の細胞が破壊されることなく、木材の持つ油分やエキスがそのまま残り、保湿作用・保水作用・防菌作用を持ち合わせ、時間とともに美しいツヤも出てくるという、まさに「生きた素材」に仕上がります。木が持つ本来の力を生かすことで、人の暮らしを快適で心地よくする様々な効果を生み出すのです。

防菌・防カビ・結露防止に加え、人間の免疫力をアップ

音響熟成®木材はすべて飫肥(おび)杉など九州産の杉材で作られています。
杉には、ウイルスや細菌毒素などから生体を守る成分「免疫グロブリンA」の増加を促し、人間の免疫力を高める効果があるとされています。

杉の中でも樹脂分が多く、虫にも強い飫肥(おび)杉を「音響熟成」することにより、飫肥杉本来の特性がそのまま生かされ、余計なワックスや塗料を塗る必要性がありません。
『音響熟成木材』として生まれ変わった飫肥杉は、本来の素晴らしい特性をそのままに、私たちの健康に大きく貢献してくれるのです。

木材強度が高く、床材から構造材まで幅広い利用が可能

『音響熟成木材』は、表面に凹凸を出す「うづくり加工」を施した床材・天井・壁材のほか、
構造材、親父柱(丸太・大黒柱)など、家づくりに幅広く使用できます。
また、ひとつひとつ手づくりで作る『音響熟成木材』の家具や建具もお届けしています。
『音響熟成木材』は、圧縮、引っ張り、曲げなどの強度性能についても、第三者機関による調査の結果、高い評価を得ています。

マイナスイオン効果 竹炭入り清活畳®

竹炭入り清活畳®畳の中に手作業で竹炭をたっぷり入れ込んだ『清活畳』。
竹炭の量は、六畳二間でドラム缶一本分の量。
だからこそ、竹炭の持つ「保湿・断熱」「消臭」パワーを、そのまま畳で実現できたのです。

さらに、半永久的に発生する「マイナスイオン」は、自己治癒力を高め、免疫機能・新陳代謝を促進。
ストレスを抱える方のリフレッシュ効果・脱臭効果・電磁波の無害化などの効果があると言われています。アレルギー体質のお子様にも安心です。

知られざる竹炭パワー

竹炭の断面には、数ミクロンの無数の穴が開いています。
その穴のひとつひとつには、有能な微生物(バクテリア)が棲んでいます。
このバクテリアの働きにより、空気中のタバコやペット、トイレの臭いをはじめ、家具や家電などから発生する化学物質のガスなどを吸着してくれるのです。

さらに吸着した化学物質や有害物質を分解する働きもあるのが特徴。
竹炭のこの効果は、備長炭の数倍から十倍程度あるとされています。

空気がうまい家® に関するご質問・ご相談はお気軽に!

資料請求
関連サイト